2015年12月29日

お守りの返納の時期の決まりはありません

こんにちは、寺嫁です


お正月が近づき
お寺もお正月飾りが飾られ
凛とした雰囲気が漂っています

お正月用の紐の結び方に
『二重叶結び』という縁起の良い結び方があります
お守りや水引などで使われています
「口」と「十」からきている叶え結びです

image1 (24).JPG


昔エジプトに探検しに行ったとき
アンク十字というヒエログリフと呼ばれる象形文字がありました
これも「口」と「十」
不思議と繋がるものがありますね


先日、ツタンカーメンの隠し部屋が発見され
日本のレーダ技術者の渡辺広勝氏の活躍が世界を驚かせました
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94942540Z01C15A2000000/


エジプトの長い歴史の貴重な文化財は
現地では…その価値を感じてない方が多いそうで
簡単に壊してしまうようです(嘆)

今回の発見も、米メトロポリタン美術館で仕事をしていた
リーブス氏がすぐにこれに注目したことも大きな要因のようですね
縁と縁が結ばれ大きな成果となったのでしょうね


お守りも同様です
価値を感じずポイッとなさらずに
大切になさってくださいね

お守りの処分やお返しなどは
お求めした社寺などにお納め頂いております
(遠方の方は郵送でも受け付けています)



願いが叶うよう
心の支えになった大事なお守り
返納の時期は一般的に1年ぐらいが目安のようですね
しかし、決まりはありません

自分の人生の歴史
自分を信じて
また新たな一歩を歩いていきたいですね



一寸先は光
寺嫁ブログをお読みいただき
ありがとうございます
 合掌 






posted by 寺嫁 at 11:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。